Amazon Music Unlimited 3ヵ月無料キャンペーン実施中!5/7までクリックして表示された方限定

カフェインを気にせず夜コーヒーをしよう!美味しいデカフェと出会えるサブスク【ポストコーヒー】を体験してみた口コミ・レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

夕食後の片づけも終わり、寝る前のゆっくりした時間にコーヒーでも飲んでひと息つきたい・・・。

そんな風に思っても、カフェインが気になって断念。という経験はありませんか?

夜寝る前に限らず、午後以降はカフェインは摂らないようにしているという方も多いですね。

近年人気が高まっているデカフェのコーヒーなら、カフェインを気にせず、好きな時にコーヒーが飲めますよ♪

この記事では、デカフェの定期便が利用できるコーヒーサブスクPostCoffeeを利用するメリットと、実際に筆者が利用して感じたデメリットもご紹介します。

”デカフェはまずい”というイメージが払拭される、おいしいデカフェに出会えますよ♪

まだ味わったことのないコーヒーと出会えるコーヒーサブスクPostCoffee【ポストコーヒー】

もくじ

デカフェのコーヒーとは?

person showing white mug in focus photography

カフェインを気にして選ぼうと思うと、デカフェ、ノンカフェイン、カフェインレスといろいろあって、どれを選べばいいかわからなくなりますよね。

下に簡単にまとめてみました。

デカフェ・・・カフェインを含む飲食物から、カフェインを取り除いたもの。日本ではカフェインを90%以上取り除いたものを、デカフェと呼ぶことができます。

カフェインレス・・・カフェインをほとんど含まないこと。デカフェとほとんど同じ意味。

ノンカフェイン・・・もともとカフェインを含まない飲食物。カフェインは0%。

つまり、

コーヒーや紅茶などからカフェインを取り除いたものがデカフェ、もしくはカフェインレス、

麦茶やハーブティなど、もともとカフェインが入っていないものがノンカフェインです。

デカフェ、カフェインレスに関しては、商品のパッケージにカフェイン除去率を記載しているメーカーもあり、中には99.9%除去されているものも。

少しでもカフェインを取ると眠れなくなる・・・という方は、除去率までしっかり記載されているものを選ぶか、ノンカフェインのハーブティ等を選ぶといいかもしれませんね。

ちなみに、この記事で紹介するポストコーヒーのデカフェは、カフェイン除去率の記載がありませんでした。

なので≪90%以上除去≫のデカフェと認識した方がいいかもしれませんね。

ちなみに筆者の場合、夕方以降にコーヒーを飲むと眠れなくなるタイプですが、PostCoffeeのデカフェは、寝る直前に飲んでも大丈夫でした!

安いデカフェに注意⁉

caffeine coffee cup mug

「もともとカフェインを含むコーヒーからカフェインを除去する―」

つまり、通常のコーヒーよりも手間がかかっています。

それなのに、安い値段で売られているデカフェって、たくさんありますよね。

安いデカフェすべてが、というわけではありませんが、仕入れ値が安価な低品質の豆を使用していたり、カビ豆や生育不良などの欠点豆を取り除く”ハンドピック”をしっかりしていない可能性も。

デカフェは普通のコーヒーよりおいしくない…というイメージがある場合、原因はそういうところにもあるのかもしれません。

選ぶ基準は人それぞれですが、「安いものには理由がある」ということは念頭に置いておくといいかもしれませんね。

ちなみに、PostCoffeeのデカフェは、すべてスペシャルティコーヒーです!

スペシャルティコーヒーとは?

日本スペシャルティコーヒー協会によると、次のように定義されています。

生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。

そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。

日本スペシャルティコーヒー協会HPより引用

選べないデカフェ

adult beans beautiful black coffee

珈琲豆屋さんに行って、たくさん並んでいる中から、その時の気分に合わせてコーヒー豆を選ぶ・・・。

コーヒーの楽しみ方は、豆選びから始まっているといっても過言ではないですね。

実は筆者も、県内でも有名な珈琲豆屋さんに行ってコーヒーを選ぶのが楽しみだったりします。

しかし、珈琲豆専門店でも、デカフェは1種類ないしは2種類程度しかなかったりするのです・・・!

浅煎りか深煎りか、さえも選べなかったり。

普通のコーヒーは何十種類もあるのに。。

デカフェは作るのに手間がかかるので、当然なんですけどね。

しかしたまには違うのが飲みたい・・。

そんなときこそ、コーヒー定期便、コーヒーサブスクの出番です!

\ スペシャルティコーヒーのサブスク・定期便 /

PostCoffee(ポストコーヒー)の「デカフェ」定期便

「コーヒーサブスク」、「コーヒー定期便」と検索すると必ず上位にあがってくるPostCoffee(ポストコーヒー)

好みに合わせて、毎月3種類のコーヒーを届けてくれるサブスクです!

基本的には通常のコーヒーを多く取り扱っていますが、デカフェもいくつか種類があり、デカフェのみを届けてもらうことも可能。

コーヒーの種類は常に入れ替わっていて、常時30種類以上取り揃えているとのことですが、そのうち3〜4種類ほどがデカフェ、という印象です。

残念ながらデカフェは、通常のコーヒーほどには頻繁に入れ替わっていないようですが、スキップも簡単にできるので、発送が近づいた頃に、今取り扱っているコーヒーを見て、前回とあまり変わってないな~と思ったら、「今月はパス!」ということも可能です。

【スキップの方法】
  1. ログイン後、右上のメニューを選択
  2. 定期便の設定を選択
  3. 次回お届けスキップを選択
  4. ≪次回のお届けをスキップする≫を選択して完了!

いま現在のデカフェの取り扱いは、公式サイトから見ることができます。↓

\ 単品購入も可能!/

※デカフェのページに飛びます

ポストコーヒーでデカフェの定期便にする方法は?

無料のオプションとして、デカフェの有無をカスタマイズできます。

≪デカフェのみ≫を選べばOK。

途中からカスタマイズを変更することもできます。↓

  1. ログイン後、メニューを選択
  2. カスタマイズを変更を選択
  3. プルダウンから、≪デカフェのみ≫を選択して完了!

PostCoffe(ポストコーヒー)のデメリットは?

いろんなコーヒーを楽しめるポストコーヒーですが、もちろんデメリットもあります。

実際にポストコーヒーの定期便を利用して感じたデメリットをご紹介します。

値段が高い

ポストコーヒーの定期便は以下の3プラン。

  • 75g×3種類(225g)…税込¥1980
  • 150g×3種類(450g)…税込¥3,880
  • 300g×3種類(900g)…税込¥7,480

スペシャルティコーヒーというだけあって、ちょっと高めですね。。

しかしデカフェの場合、いろんな種類のコーヒーに出会う機会があまりないので、一度に3種類届けてくれるというのはなかなか嬉しいサービス。

値段が気になる場合はスキップ機能もうまく取り入れつつ利用する、というのもありだと思います。

ロースターパートナーのデカフェはほとんどない

ポストコーヒーは、自社で焙煎しているコーヒー豆だけでなく、日本全国・世界中の人気ロースターと提携していて、いろんなコーヒーショップの珈琲豆を購入できるのも魅力の一つ。

しかし、デカフェの場合は、提携しているロースターパートナーの豆がほとんど見当たらないのです・・(涙)

ポストコーヒーの自社焙煎か、ロースターパートナーのものか、見分け方は袋の色。

前者は白色の袋、後者は黒色の袋です。

現時点ではどうでしょう?チェックしてみてください!↓

\ 単品購入も可能!/

※デカフェのページに飛びます

ちなみに、筆者のところに届いたデカフェはすべてポストコーヒーの自社焙煎でしたが、どれもおいしかったです♪

深煎りの豆は少ない

ポストコーヒーの豆は、中煎り~浅煎りが多い印象です。深煎りもありますが、実際届いたものを飲んでみると、そこまで苦みは強くありません。

スタバやコンビニコーヒーなどの苦みがしっかりしたコーヒーが好みの場合、物足りなく感じてしまうかもしれません。

時折SNSなどで、”ポストコーヒーのコーヒーはおいしくない”なんて評判を見かけることがありますが、そういうところかなと思います。

しかし、”ただ苦いだけのコーヒー”ではなく、コーヒー豆本来の風味や味わいを楽しめるというのが、ポストコーヒーのいいところ。

ポストコーヒーを飲むようになってから、ただ苦いだけのコーヒーが物足りなく感じるようになりました。

ここからは、筆者が実際に利用して届いたデカフェのコーヒーをご紹介します♪

\ スペシャルティコーヒーのサブスク・定期便 /

実際、どんなデカフェコーヒーが届いた?

結論から言うと、ただ「苦みが強いor弱い」「酸味があるorない」「酸味のと苦みのバランスがよい」という単純な味ではなく、

「ドライフルーツのような」「ビスコッティのような」「バゲットの後味のような」という、袋に記載されているフレーバーイメージがわかるような味わいでした。

こういう商品説明って、ポストコーヒーに限らず、よくPOPに書かれているんですが、正直よくわからないよね・・と思っていました。

でもポストコーヒーのコーヒーは、雑味がなく、煎りが深すぎないので、コーヒー本来の風味がわかる。

さらには、抽出するお湯の温度次第でも味わいが変わってくる。

正直、言われなければデカフェとはわからないほど、おいしいです。

スペシャルティコーヒーをなめてました。笑

袋に焙煎日と、豆の品種や栽培地域の標高、カフェイン除去方法についても書かれているので、着目しながら飲み比べるのもおすすめです!

標高が高いほど、コーヒーの風味が増し、味が凝縮されるといわれています。

※以下フレーバーイメージは、ポストコーヒーHPより引用しています。

スペシャルティコーヒーのサブスクならPostCoffee【ポストコーヒー】

デカフェ ブラジル ミナスジェライス

  • 中煎り
  • 標高1,000~1,200m
フレーバーイメージ

ポップコーンやバゲットを頬張った時の風味やビールのようなはつらつとしたニュアンス。飲みこんだ後に、りんごのコンポートをイメージさせる甘い余韻があります。

デカフェ メキシコ チアパス

  • 中煎り
  • 標高1,400~1,700m
フレーバーイメージ

飲んだときの透明感と口当たりの柔らかさ。甘い余韻の広がりとほのかに感じるさりげない香ばしさ。

デカフェ インドネシア アチェ

  • 深煎り
  • 標高800~1300m

(※このコーヒーが連続で来ていました)

フレーバーイメージ

スムースな質感でビスコッティを思わせる香ばしい風味が広がります。インドネシアのコーヒーらしいワイルドでスパイシーな印象に、後味にはダークチョコレートのような深みのある甘さが感じられます。

デカフェ ホンジュラス オーガニック

  • 中煎り
  • 標高1,200~1,700m
フレーバーイメージ

華やかな香りにスムースな口当たりが特徴。チョコスプレッドのようなまったりとした甘さに、洋梨を想わせる風味。リッチで濃厚な余韻が後味に長く続きます。

デカフェ エチオピア シダモ

  • 中煎り
  • 標高1,800~2,000m
フレーバーイメージ

様々なドライフルーツを思わせる複雑な風味にやさしい酸味。きび糖のような柔らかい甘みはエチオピアの華やかさの中に落ち着く味わいの印象をもたらします。ダージリンティーのような爽やかな香りと余韻が心地よく感じられます。

カフェインを気にせず、夜コーヒーを楽しもう

忙しい現代人。

少しでも余裕のある時間ができたら、可能な限り有意義な時間を過ごしたいですよね。

寝る前に映画鑑賞、読書、テレビ、音楽を聴く、物思いにふける。

楽しみ方は人それぞれですが、その傍に、おいしいデカフェを添えてみるのはいかがでしょうか。

スペシャルティコーヒーのサブスクならPostCoffee【ポストコーヒー】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

夫と2人暮らしの30代主婦。
おいしいものが大好きな元KALDIスタッフ。
音楽も大好きでピアノとチェロを弾きます。
夫も音楽関係の人で夫婦でインドア派です。

もくじ